境界から視えた外界新刊

境界から視えた外界新刊

ということで『境界から視えた外界』新刊のお知らせですー。

新刊:水曜日の天竺牡丹告知ページ
仕様:新書判変型上製/148ページ/FCカバー(イラスト:みーち
本文内イラスト(50音順・敬称略):アラタヒメコ/うづき/くろきり/みーち
頒布:倶08
頒価:1200円
表紙サンプル(JPEG/約50KB)
本文サンプル(PDF/約1MB)

蓮子が持ち込んだ写真。変わり続ける写真。
メリーの見た夢の世界。変わり果てた世界。
そして向こう側の世界。――****世界?

たぶんそんな感じの。

内容に関して、StrangeChameleon発行『東方ゴーレムウォー』シリーズの設定をお借りしている部分があります。氷坂さん・ひよりさんに感謝! & 3巻期待してます。

ということで、どうぞよろしくお願いいたします。

(2010.11.21追記)
上記でお世話になりましたStrangeChameleonの『幻想に至る病』が再版されるということで、委託でうちのスペースに置かせていただくことになりました。こちらも未読の方はぜひぜひ! です。
幻想に至る病

- – - – -
以下、内容にはあんまり関係ない話。

装丁が好きなのです。

オンリーの開催を知ってから、今まで考えていた「こういう本が作ってみたい」というのを実現すべく、色々と検討してみました。
思い切って上製本、それから紙も変えてみよう。
そんな中でいちばんこだわりたかったのが仕上がりのサイズでした。

この本、ハードカバーによくある四六判(128mm×188mm)ではなく、少し小さい変型判(110mm×173mm)になっています。
分かりやすく新書判変型と書いてはいるのですが、正確にいうと「小B6判(112mm×174mm)」という判型に近いサイズ。
最近だとエッセイなどのジャンルで時々見かけることもあるでしょうか。
書店のハードカバーが並ぶ棚にひと回り小さなのがあったら、たぶんそれです。別名「コンパクト判」とか「トランジスタ判」とも呼ばれる通り、コンパクトな造りになっていますので、手に収まりやすい感じになっていると思います。

仕上がりがどうなるのか期待半分、不安半分ではありますが、当日をお楽しみにしていただければ!

return top